産後の骨盤矯正/出張整体【ワンアンドオンリー】


◇ 産後の骨盤の正しい話

■ 産前〜産後特有の骨盤とは・・・?


よく、「産後は骨盤が開いてしまって」とか「骨盤が開いたままなので」なんて言っているのを聞きますが、果たして本当にそうでしょうか?


骨盤矯正

そもそも、普通の人の骨盤というのは靭帯で強力に固められていて、医学的にも、上(上半身)からと下(下半身)からの衝撃を吸収するための ほんのわずか数ミリの遊び程度の動きしかないと言われています(以前は全く動かないと言われていたようです)。 だから本来、骨盤は目にみえるほど開いたり閉じたりするようなものではないのです (逆にそのわずか数ミリの動きが大事だったりするわけなので、その適切な状態に戻すために骨盤のケアというのが必要になってきます)。


出産前後の女性の場合に限っては、骨盤をがっちりと固めている靭帯がホルモンの影響で緩み、いわゆる“骨盤が開く”ことで産道を作ります。 でもそれも、開いたら開きっぱなしというわけではありません。

いろいろな説があるようですが、どう頑張ってもその骨盤の物理的な構造上、 よく言われているような「開いている」という状態は、分娩時に一時的に「開く」以外は“オカシイ”話なのです(分娩のその瞬間でも通常は高々1〜2cm程度)。


骨盤矯正

さて、分娩を終えた後の骨盤は、特別な問題がなければおよそ2〜3ヶ月かけて元の通り靭帯が締まってきて骨盤が固まります。 確かにそれまでの間の出産直後はその骨盤の緩みのせいでグラグラする感じをもつ人もいるでしょう。この「ゆるむ」というのは医学的にも証明されている事実です。

ただ、これも単に骨盤がゆるんでいるという理由だけではなく、腹筋や骨盤底筋などの筋力が落ちることも大きな要因なのです。

もし出産直後の骨盤の不安定さが気になってしまう場合は、整体の施術に加え、 しばらく(出産〜1ヶ月くらい)はベルトやさらしで安定させておくのも一つの方法です。 でも、3ヶ月も4ヶ月も長い間ベルトに頼ってしまうのもよくありません。筋力がなかなか付いてきませんから。


まれに『骨盤輪不安定症』といってゆるんだ骨盤がなかなか戻らない方がいますが、その場合は土台がゆるくグラグラした感じや痛みが数週間〜数ヶ月続きます(注1)。 これもベルトでの固定のほか、整体施術による骨盤・股関節周囲の筋バランスの調整がとても効果的です。


ときどき、骨盤が締まりきる前に骨盤矯正を、と謳っているのを目にします。 それも本来は骨盤という骨格そのもののズレを矯正するのではなく、骨を引っ張って歪ませている骨盤まわりの筋肉のアンバランスを取り除いてあげることが必要であり、大切なのです。


つまり、骨格を支えあっている筋肉・筋膜を柔軟にしてあげて、骨盤が自然に元に戻ろうとするのを阻害しないようにするのが、 自然で正しい骨盤矯正・骨盤調整の考え方なのです。


注1.) 以前、出産後に恥骨痛がひどくて歩けないという方がいましたが、病院での検査の結果、恥骨部が最大2センチも乖離していたそうです。 つまり、2センチも開いていたら痛くて動けないということです。まれにそのような“分娩によるケガ”をしてしまう人もいます。


>>>骨盤まわりを柔軟にして骨盤矯正したいあなたは、今すぐお電話!

産後 骨盤

Copyright(c) 2005 One and Only conditioning All rights reserved.